ブログ|名東区で歯科をお探しの方は藤が丘デンタルクリニックまで


  • 名東区藤が丘・藤が丘デンタルクリニック・電話
 
  • アーカイブ

  • カテゴリー

赤ちゃん歯科④👶

2022年5月13日

    

こんにちは!

    

名古屋名東区の歯科医院

藤が丘デンタルクリニックの副院長 池田です

    

前回の離乳食前期に引き継ぎ

本日は

    

ⅱ 離乳食中期

    

についてお話したいと思います👩‍⚕️

    

    

4. 離乳食

    

    

    

ⅱ 離乳食中期

    

離乳食がスタートして2ヶ月くらいたつと

赤ちゃんもお母さんも慣れてくると思います!

    

①もぐもぐ期

    

    

離乳食を初めて2ヶ月頃を目安に

離乳食中期の食事に以降していきます。

    

ゴックン期の離乳食前期では

下を前後に動かしていましたが、

もぐもぐ期の中期では

舌を上下に動かして

上顎に食べ物を押し付けて

もぐもぐ食べる事を練習する時期になります。

    

   

ですから、離乳食の硬さは舌で潰せるくらいの

柔らかさのものになります。

   

目安としては絹豆腐くらいの硬さです。

    

出汁を使い少し味付けをしてあげる事もできるようになります😋

    

離乳食は素材の味を活かして食事に慣れる練習のため

風味づけ程度にしましょう

    

    

②離乳食中期のタイミング

    

    

離乳食中期へ移行するタイミングは

赤ちゃんにこのようなサインが見られてたらとなります

・スプーンを入れても嫌がらない

・お座りが上手に出来る

・ペースト状の物を上手に飲み込める

・時期に合わせた量を食べられる

    

    

赤ちゃんの様子を見ながらもぐもぐ期へ移行し

ていきましょう!

    

    

離乳食初期では前後に動かすのみだった

舌の動きも、

中期になると

上下に動かす

事が出来る様になってきます👅

    

そのため、上述したとおり

食事内容も上顎と舌で潰せる硬さのものにしましょう。

    

この頃には乳歯の前歯が生えてきますので

食事後にガーゼで歯をぬぐったり

赤ちゃん用の歯ブラシを使って

歯磨きも忘れずに🦷🪥

    

    

食事と歯磨きをセットにする習慣づけも

大切です👶

    

     

     

    

    

次回は離乳食後期になります!👶🍼

 

ページのトップへ戻る